化粧水で行うエイジングケア

subpage-img

化粧水は、洗顔後のお肌にうるおいを与える大切なものですが、ついいつものスキンケアでは適当になりがちです。



エイジングケアというと、高い美容液やクリームを使うイメージがありますが、いつも使っている化粧水で十分に行うことができます。

エイジングケアといっても、お肌の悩みは人それぞれです。
多くの人が悩んでいる乾燥にはセラミドやヒアルロン酸が入った高い保湿力を持つものを選びましょう。シミやくすみは美白効果のあるもの、毛穴の開きが気になる場合はビタミンCが配合されているものがいいでしょう。

シワが気になる場合は、ハリを与えるコラーゲンが入っているものなど、悩みに合わせた成分が配合されているかをチェックしましょう。また、エイジングケアをする上では、化粧水の使い方も大切になります。手に取ったらバシャバシャと叩くようにつけては効果が十分に発揮できません。



顔を包み込むように手でやさしくなじませましょう。コットンを使っても構いませんが、つい擦り過ぎてしまうなどトラブルの原因になります。


敏感肌の人は避けた方が安心です。目元や口元など、乾燥が気になる場合は2回つけてうるおいを与えるようにしましょう。



洗顔後のお肌はとても蒸発しやすい状態なので、できるだけ早く化粧水を使うのがポイントです。

スキンケアする場所が遠いと時間がかかってしまうので、洗面台に化粧水を用意しておくという方法もあります。

自分のライフスタイルに合わせてケアをしましょう。

top