レッドクローバー使用の化粧水、エイジングケア

subpage-img

エイジングケア効果がある化粧水に、レッドクローバーというハーブエキスが配合される場合があります。

レッドクローバーとはイソフラボン類をたくさん含む、少し珍しいハーブになります。和名はアカツメクサと呼びますが、もちろん外国産の植物になります。


そのハーブは大豆よりもイソフラボン類を含み、化粧水に配合して使えば、肌に弾力を与えるのです。

話題になっている保湿化粧水ならこちらが人気です。

イソフラボン類は女性ホルモン様作用がありますから、肌に付ければメリットを得る事が出来ます。エイジングケアにも期待が出来るハーブですが、刺激は明らかに少なく、使いやすい上に癖がないのです。
通常、ハーブエキスは癖があるものが多く、日本で馴染み深い緑茶エキスや黒砂糖エキスの様に、使いやすくはない物は多いのです。
刺激、匂い、効果に特徴がある物が多い中で、レッドクローバーは比較的扱いやすいハーブです。話は戻しますが、エイジングケアに効果あるそのハーブは皮膚に弾力を与えると先に上げましたが、女性ホルモン様作用のあるイソフラボン類を肌に塗布すると、皮膚の中に存在するコラーゲンやヒアルロン酸の生産を補助する働きがありますから、非常に役立つ成分になります。また、肌のターンオーバーが正常に行われる様に促す作用もあり、肌のキメが乱れている場合には、キメが整うように働きかけます。

goo ニュース情報をまとめてチェックしよう。

化粧水にレッドクローバーが配合されているケースは、実は稀なのです。仮にそのハーブエキスがたくさん配合している化粧水を見つけたら、運が良いと判断が出来ます。



top